世界に立ちはだかる日本の壁“山内晶大”選手の身長は?結婚はしている?

554 Views

山内晶大選手はパナソニックパンサーズに所属するバレーボール選手です。
中学校まではバスケットボールに打ち込み、進学した高校のバレー部の顧問に勧められてバレーボールに転校した異色の持ち主。

バレーボールを始めてわずか5年で全日本に選ばれ、未来の男子バレーボール界を担うホープ“NEXT4”の一人にも選ばれました。(石川祐希選手、柳田将洋選手、高橋健太郎選手、山内晶大選手)

今回は東京五輪、パリ五輪と期待が寄せられる山内晶大選手についてまとめてみました。

山内晶大選手とバレーボールの出会いは高校時代

山内晶大選手は名古屋市立工芸高校の出身です。
名古屋市立工芸高校のバレー部の顧問だった志水洋監督に勧められてバレー部に入学します。体育の授業を受け持っていたバレー部の志水監督に誘われて、バスケットボールを辞め、バレーボールを始めたそうです。

出典:FIVB

高校3年の時には高校を卒業したら就職する予定だったそうですが、志水監督に進められたことで愛知学院大学でもバレーを続け、2014年には全日本入りを果たします。

志水洋監督との出会いが山内選手の、いえ、男子バレー界を変えたと言っても過言ではないストーリーですね。

山内晶大選手の魅力は高さ

山内選手の魅力といえば、204cmという圧倒的な高さ。
同じミドルブロッカーの選手だと、李博選手は機動力、小野寺選手は器用さが魅力といえますが、山内選手の高さは圧巻です。

スピードで世界を翻弄する李博!日本男子バレー界最速のコンビでワールドカップでの躍動に期待!
龍神NIPPONのミドルブロッカーの中心選手となった李博選手。 同じ東レでプレーする藤井 直伸選手とのコンビネーションはまさに圧巻。どの位置からもクイックに入る李博選手のスピードに世界のミドルブロッカーが翻弄されています。 李博選手...

全日本にデビューした頃はまだ身体の線も細く、スパイクにも破壊力不足が見受けられましたが、パナソニックパンサーズに入団し、身体もしっかり出来上がってきており、また、スパイクにも振り切る破壊力が増してきたように感じます。

ブロックやスパイクはもちろん、高い打点からのサーブも山内選手の武器といえます。

女性ファンも多い山内晶大選手の魅力

204cmという高身長に加え、優しいルックス、ファンを大切にする姿勢など、女性ファンが多い山内選手。10等身というスタイルの良さも魅力ですよね。

ファンの間では山内晶大選手のネックレスが注目されていたようで、ネックレスには指輪のようなものがついているといわれていました。2018年に結婚されているので、もしかしたらその時のペアリングのようなものかもしれません。おしゃれな山内晶大選手に今後も注目です。

女性を魅了する、まさに“シンデレラボーイ”ですね!

山内晶大選手の彼女は?結婚しているの?

2018年末に25歳という若さで結婚しており、山内選手のインスタグラムでも結婚を発表されています。

山内晶大選手の結婚相手についての情報は公開されていませんが、「支えてくれる存在」とコメントしています。支えてくれる存在ができたことでますますの活躍が期待されますね!。

この投稿をInstagramで見る

Akihiro Yamauchiさん(@akihiroooo1130)がシェアした投稿

山内晶大選手の使用シューズ

山内選手が使用しているシューズはアシックスの「VOLLEY ELITE FF ホワイト×ソフトグレー」というモデルです。

山内晶大選手の使用シューズ

ミドルブロッカーは李博選手、小野寺太志選手、高橋健太郎選手とそれぞれ魅力的な選手が集まっています。

山内選手の魅力はなんといっても高さ。さらに決定力やサーブを磨き、全日本のミドルブロッカーの中心選手となってくれることに期待しましょう!

山内 晶大 選手の基本データ

山内 晶大
出展:FIVB

山内 晶大 (やまうち あきひろ)
AKIHIRO YAMAUCHI

ニックネーム
ヤマ
シャツネーム
YAMAUCHI
ポジション
MB
誕生日
1993年11月30日
出身地
愛知県名古屋市
血液型
A型
足のサイズ
30

スペック

身長
204cm
体重
80kg
指高
270cm
最高到達点
353cm
サージャントジャンプ
80cm
スパイク
353cm
ブロック
335cm

所属チーム

現所属チーム
パナソニックパンサーズ
出身大学
愛知学院大学
出身高校
名古屋市立工芸高校

関連リンク

公式プロフィール

タイトルとURLをコピーしました