第20回アジア女子選手権大会、“ネオ火の鳥NIPPON”日本Bチームが金メダル獲得。アジア選手権2連覇。

1,286 Views

韓国・ソウルで8月18日(日)から行われたアジア選手権(第20回AVCアジア女子バレーボール選手権大会2019)決勝は前回大会と同じ日本とタイとのカードとなった。タイを応援する観客が多く、アウェーさながらとなった会場の中、セットカウント3-1(25-22,18-25,25-18,25-23)で日本がタイを破り、金メダルを獲得した。また2017年の前回大会に続き、アジア選手権2連覇となった。

中国に勝利したタイの粘り強いレシーブと、セッターヌットサラから繰り広げられる華麗な攻撃に対し、日本もリベロ水杉玲奈選手を中心に好レシーブを連発。要所での松井選手のツーや山田選手のクイック、曽我選手や平山選手のライトからの攻撃にと多彩な攻撃を見せる。

また、会場が静まり返る程に、難しい二段トスを石川真佑選手が強打する場面も。最後は石川真佑選手のサービスエースでアジア女王の座を獲得した。

なお、今大会MVPに石川真佑選手が選ばれたほか、ベストミドルブロッカーに山田二千華選手、ベストオポジットに曽我啓菜選手が選ばれた。

日本女子体育大学在学中の松井珠己選手をキャプテンに、U20の金メダルメンバーでもあるエース石川真佑選手(東レ)をはじめ、長内美和子選手(日立リヴァーレ)、セッター関菜々巳選手(東レ)や、山田二千華選手(NECレッドロケッツ)、曽我啓菜選手(NECレッドロケッツ)など若手を中心をした今回の日本“Bチーム”。

今大会、チームが合流したのが8月上旬ということもあり、大会を通して連携ミスも多々あったが、その都度選手間で確認しあい、ミスがあっても他の選手がカバーするという姿勢が数多く見られた。セミファイナルで戦った韓国戦、相原監督が「チーム力で勝ったんだぞ」と言う通り、まさに“日本Bチームのチーム力”そして、バレーボールがチームスポーツだということを示した大会でもだった。

9月14日から開幕するワールドカップは日本代表“Aチーム”が参加する。
正式なメンバーの発表はまだだが、代表チームのメンバーの中に、長内美和子選手、吉野優理選手、入澤まい選手、関菜々巳選手、石川真佑選手の名前も登録されているものの、今大会ベストミドルブロッカーに選ばれた山田二千華選手や、ベストオポジットに選ばれた曽我啓菜選手の名前は入っていない。

結果を踏まえ日本AチームとBチームが融合した、ネオ火の鳥NIPPONでワールドカップでも結果を残してもらいたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ワールドカップバレー2019 応援BOOK 2019年 10 月号 [雑誌]: 月刊バレーボール 増刊
日本文化出版
選手たちのオフショットや個人アンケートも掲載!海外チーム情報まで満載!ワールドカップバレーを100倍楽しめるスペシャルサポーターズブック

試合結果

決勝戦

日本 3(25-22,18-25,25-18,25-23)  1 タイ

セミファイナル

日本 3(22-25,25-23,26-24,28-26)  1 韓国

2次リーグ

2戦目:日本 2(25-14,11-25,21-25,25-18,12-15,12-15)  3 中国

1戦目:日本 3(25-19,25-21,25-13)  0 インドネシア

予選リーグ

3戦目:日本 3(25-11,25-21,25-8)   0 オーストラリア

2戦目:日本 3(25-19,25-23,25-18)0 カザフスタン

1戦目:日本 3(25-12,25-14,25-8)   0 インド

出場選手

背番号 名前 ポジション 所属チーム
5 長内 美和子 OH 日立リヴァーレ
6 関 菜々巳 S 東レアローズ
7(C) 松井 珠己 S 日本女子体育大学4年
8 吉野 優理 OH 埼玉上尾メディックス
9 入澤 まい MB 日立リヴァーレ
10 中川 美柚 OH 久光製薬スプリングス
11 山田 二千華 MB NECレッドロケッツ
12 西村 弥菜美 OH 岡山シーガルズ
13 曽我 啓菜 OH NECレッドロケッツ
14 石川 真佑 OH 東レアローズ
15 平山 詩嫣 MB 久光製薬スプリングス
16 水杉 玲奈 L 東レアローズ
17 西川 有喜 OH JTマーヴェラス
18 大﨑 琴未 MB 東レアローズ

監督:相原 昇

関連サイト

第20回AVCアジア女子バレーボール選手権大会2019
開催日時 2019年8月18日(日)~25日(日) 開催地 ソウル(韓国) 会場: ①蚕室室内体育館 ②蚕室学生体育館 参加チーム A組 韓国、イラン、ホンコンチャイナ B組 日本、カザフスタン、オ...
タイトルとURLをコピーしました