東京五輪で復活なるか!?長岡 望悠選手の怪我の状態と今後の展望

1,021 Views

バレーボール選手にとって、怪我はつきものです。注目を集めることによって怪我を庇う選手も多くいます。今、女子バレーボール選手は、選手の能力もありますが、ルックスもネットで話題になります。今回、長岡望悠選手について書いてみたいと思います。

長岡選手は、日本のバレーボール業界にとって、ポイントを多くとる欠かせない存在です。ルックスも注目される、今のバレーボール業界にとって欠かせない存在です。しかし、前年度に左ひざ損傷と大きな怪我をしています。バレーボール選手にとって大きなダメージを彼女はどう復帰していくか、今後に注目が集まっています。

バレーボール女子日本代表の長岡望悠選手について

バレーボールの女子日本代表である長岡望悠選手は、2010年にVリーグの久光製薬に入団しすぐ代表に選ばれています。2012年シーズンから2013年シーズンで久光製薬が優勝したMVPにも輝くと以降代表でもその輝きを存分に放つようになりました。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、5位入賞を果たす原動力となっています。2017年に怪我をしてから一時代表からも離れていましたが、東京五輪へ向けて復帰しています。東京五輪での活躍を期待されています。

長岡望悠選手イタリア移籍後、どうしてる?

7月25日は長岡望悠選手の誕生日です。今年25歳、久光製薬スプリングスに所属されています。東京オリンピックに向けて期待の選手ですが現在、帰国しリハビリ中とのことです。長岡選手イタリア移籍したのですが試合中、左ひざをケガし帰国。帰国後、詳しい検査をするとのことでしたが左ひざ前十字じん帯損傷し全治8か月とのことです。2017年3月にも同じ左膝十字靭帯断裂、手術したこともあり心配ですが持ち前の頑張りで一刻も早い回復を祈るばかりです。

女子バレーボールの長岡望悠選手の名言の内容とは?

女子バレーボールの長岡望悠選手は「目は高く、頭は低く、心は広く」という名言を残したことがあります。 これは元々は彼女の父親の言葉で、「目標は高く設定し、感謝の心を忘れないように、そして周りの人たちへ愛を重視するというものになるのです。 バレーボールの選手として、人間として成長するために欠かせない要素が詰まった言葉と言えるでしょうし、この言葉を胸にいつもバレーボールをプレーし、生きているということが言えますね。

長岡望悠選手が付けているネックレスが大人気

バレーボールの長岡望悠選手が試合の時に必ず身に着けているネックレスは、「SEVメタルレールSi」というものです。このネックレスは「アスリートの身体にも様々な効果があり、SEVを装着することで、怪我の回復力や持久力の向上やアクティブな身体の動きを実現できる」と効果がありますから、長岡望悠選手以外にも多くのバレーボール選手や、マラソン選手、サッカー選手、スキー選手など、その他のスポーツのアスリートの方々も身に着けています。

長岡望悠選手のまとめ

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、5位入賞を果たす原動力となった長岡選手。東京五輪でも、また切れ味の鋭いシャープなスパイクを見られるのを楽しみにしています。

 

 

長岡 望悠 選手の基本データ

長岡 望悠
出展:FIVB

長岡 望悠 (ながおか みゆ)
MIYU NAGAOKA

ニックネーム
ミユ
シャツネーム
NAGAOKA
ポジション
OH
誕生日
1991年7月25日
出身地
福岡県みやま市
血液型
A型

スペック

身長
179cm
体重
64kg
指高
233cm
最高到達点
310cm
スパイク
310cm
ブロック
290cm

所属チーム

現所属チーム
Imoco
前所属チーム
久光製薬スプリングス
出身高校
東九州龍谷高校
出身中学校
山川町立山川中学
出身小学校
山川町立山川東部小(山川ジュニア)

関連リンク

公式プロフィール

使用シューズ

メーカー
ミズノ
タイトルとURLをコピーしました