火の鳥NIPPON
出典:

火の鳥の葬式にファンは参列つもりはない。もう誰も埋もれるな!!蘇ろ! #火の鳥NIPPON

865 Views

バレーボールがこんなに注目を集めたのはいつぶりだろうか。

連日「バレー」の見出しがYahoo!のトップに取り上げられ、twitterでは「#ワールドカップバレー」「#キムヨンギョン」 が日本のトレンド入りする程、注目されていた「永遠のライバル」「宿敵」「運命の」韓国戦。

ご周知の通り、メディアで取り上げられたのは涙だったり、惨敗、完敗、といったネガティブなニュースではあるものの、バレーが取り上げられるだけでもバレーボールに注目が集まるわけだ。取り上げてもらっただけでも感謝!感謝!(と思うようにしている)

火の鳥NIPPON

出典:FIVB

結果については、先日の記事「「パスちょっと浮かそうか?」課題と疑問が山積みの火の鳥NIPPON。#石川真佑選手が風穴をあけられるか?打開策はいかに。 」(タイトルながっ)の「予想通りの展開過ぎて・・・」の一言に尽きてしまうのだが、ロシア戦に引き続き、石川選手はパスをゆっくりセッターに返し、高いトスを要求して打ちにいっていたし、途中出場した宮下選手も高いトスを配球していたように見えた。

確かにコンセプトはブレてはいるかも知れないが、そうだ、これは「進化」だ。偉大なる作家、ゲーテも「前進しないものは後退していく」と言ってるじゃないか。これはやはり、明るいニュースだ。

先日の記事は、特定の選手を叩くつもりでも、中田監督を叩くつもりでもなく、一バレーボールファンとして書かせていただいた記事です。一部のファンの方に不快な想いをさせてしまい本当に申し訳ありませんでした。今回も長くなってしまいましたので、ビール片手に鼻くそほじりながら読んでもらえたら幸いです。
タイトルとURLをコピーしました